三木山森林公園でピアノ発表会の撮影【出張撮影日記vol.58】

三木山森林公園でのピアノ発表会にお招き頂きました。
教室の先生と生徒様のご好意により、お写真のご紹介のお許しを頂きましたので紹介させて頂きます。^^
たくさんのお写真でブログではすべて紹介できませんので、すべてはこちらのギャラリーをご覧ください。^^

こちらの教室の撮影は、この度で3度目です。
みんな元気で楽しくて、撮影しながら聴くことも楽しませて頂いています。(*^^*)
少し順番が前後しますが、場所の紹介も兼ねて・・・みんなでトーンチャイムのシーンです。^^

みんなで合唱

こちらのホールは、写真のようにステージの周りがガラス張りでとてもきれいなところです。
公園の緑が見えてとても雰囲気がありますが、外光は刻々変化するので、とーってもカメラマン泣かせです。(^^;
毎回気を使いながら撮影しています。

ほとんどの発表会の撮影は本番ステージのみですが、リハーサルも撮影させて頂いています。
リハだとピアノの近くから撮れるので、雰囲気は全然変わります。

リハーサルの撮影の中から、最初は小さなお嬢ちゃん・・・

ピアノ発表会リハーサル

とっても楽しそう!
かわいいですね。(*^^*)

ピアノ発表会リハーサル

本番はこのあとすぐなので、笑顔を交えながらもみんな真剣です。
集中した子供達はとてもいい目をしています。
私たち大人はどうなんだろう・・・少し考えさせられますが、この場では堅い話はなしで。^^;

リハ中は自由に移動させて頂いているので、こんな写真も・・・

連弾リハーサル

こちらの向きからは暗譜して頂いてないと撮れません。(譜面立てがあるとお顔が見えないので・・・)
何度も出番があるのに全部覚えてくる子供達、すごいです。^^

こちらは親子3人で連弾。お母さんと一緒に弾くのっていいですよね!(*^^*)

 六手連弾リハーサル

つかの間のお昼休みを挟んでいよいよ本番です。
みんながんばって!p(^^)q

ピアノ発表会本番ステージ

ピアノ発表会ステージ2

ピアノの演奏

ステージのフィナーレはみんなで合唱。
元気な声で私も元気いっぱい!^^

ピアノ発表会の合唱

楽しい演奏をありがとうございました。
最後はみんなで記念撮影。ちょっと緊張するけど、がんばってくださいました。^^

みんなで記念撮影

本当に楽しい演奏会をありがとうございました。^^
子供達の演奏は、みんなの個性を感じることができるのがとても素敵だと思います。
私もみんなの演奏に負けないよういい写真を撮れるように頑張ります!!

ご紹介させて頂きました、教室の生徒様、先生にこの場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


ピアノ発表会の写真撮影のご依頼はこちらからどうぞ。


三田市で家族写真撮影【出張撮影日記vol.57】

三田市で入園の記念のご家族写真撮影にお伺いしました。
お子様元気いっぱい!とても楽しい撮影でした。^^
それでは当日の様子を少しだけですが・・・

お父さんとお母さんと手をつないで公園に。
ホントにいい笑顔。(*^^*)

家族写真

ちょっとベンチで一休み中・・・
すっごく笑っているのは、お父様がくすぐってるんです。^^

笑顔のご家族

お母様がぎゅーって。^^
小さい時にいっぱいぎゅってしてあげてくださいね。
男の子は大きくなると恥ずかしがってさせてくれなくなりますから。(我が身談。^^; )

お母さんと一緒に

お母さんと一緒が恥ずかしくなって、次はお父さんと一緒。
パワフルな遊びはお父さんがいいですよね。

お父さんと一緒に

うれしくて走るお子様・・・(*^^*)
小さな子供ってよく走りますよね。疲れるなんて関係なくて・・・
生きていることを満喫しているように感じます。

元気に走る

走ってる時に、お母様に頭を撫でられて、「あれ?」って。
笑顔が本当に可愛い・・・

笑顔の親子

きれいなお花をみんなで見てる・・・
のですが、お花よりお父さんとお母さんと一緒のことの方がうれしいのです。(^^)

お花と家族

雨が降りそうになってきました。。。そろそろ帰りましょうか・・・
みんなで手をつないでね。(*^^*)

家族写真

短い時間ですが、笑顔いっぱいの素敵な時間をご一緒させて頂きました。
お招き頂きありがとうございました。^^
ああ、なんていい仕事だ!!(^^)/


家族写真の出張撮影のご依頼はこちらからどうぞ。
自然な笑顔が大好きなカメラマンがお伺いします。^^


ピアノ発表会の打ち合わせで・・・【出張撮影日記vol.56】

ピアノ発表会が多い季節になり、撮影と打ち合わせが続いています。

ピアノ発表会の出張撮影では、先生のご都合がよろしければ事前の打ち合わせをさせて頂いています。
初めての先生との打ち合わせは、こちらも緊張します。^^;
発表会の内容を伺いながら、どのように撮影しようか、お花の位置は?、など「どんな子たちがどんな演奏をするのかな」など想像しながら、一緒に考えさせて頂きます。

集合写真を撮影するタイミングのお話も大切です。
通常は終演後に行うことが多いですが、リハの後だと子供達もまだまだ元気で、終演後の流れもいいなどのメリットがあります。
お子様たちの髪型や照明についてなどもご相談させて頂いています。

何度もご依頼を頂いている先生は、お互いに顔なじみとなっていますので、話も脱線しながらの楽しい打ち合わせです。(^^;
発表会の写真は、台紙やデータでお渡しするのですが、そのデータからいっぱいプリントしてアルバムに入れてくださったり、先生オリジナルでフォトブックを作ってくださっているのを拝見すると、恐縮しながらもとても嬉しい気持ちになります。^^

アート系の仕事をしている人はみなそうだと思うのですが、「やりきった感」は持てても、結果に100点をつけることはありません。
いつも「もっといいものを、もっといいものを」の連続です。
そうした中、一番の救いがみなさまに喜んで頂くことです。
先生方に喜んで頂く、まして、こちらの写真をこうした形で見せてくださるのは、とてもうれしく、ほっとします。(*^^*)

ピアノ発表会って、カメラマンの中では簡単な部類の撮影と思っている人が多いのですが、つきつめるととても奥が深いのです。
撮影のポジション取りからアングル、演奏時の指の動きや顔の向き、写真についてこだわり始めるとなかなか正解は見つかりません。
それに発表会には裏方としての参加なので、演奏と聴衆の方の邪魔にならないようにも考えないといけません。
私は我が子がピアノをならっており、発表会に参加する側、写真を頂く側の立場も理解できるのでなおさらなのです。

発表会の撮影は、事前の準備、当日どちらも大変ですが、子供たちの演奏を聴くことはとても楽しいです。
技術的には未熟かもしれませんが、子供たちの演奏は、よりみんなの個性を感じます。そのことがとても気持ちいいのです。(*^^*)
1年の間に何回もこうした発表会に参加できるのは、カメラマンだからですよね。^^;

今年もそんな季節がやってきました。
いっぱい楽しい演奏を聴かせていただくことを楽しみにしています!!(^^)/

ピアノ発表会


ピアノ発表会の撮影のご依頼はこちからどうぞ。


芦屋神社でお宮参り撮影【出張撮影日記vol.55】

先日、芦屋神社でのお宮参りの撮影にお招きいただきました。

ご到着時には泣いていた赤ちゃん、やさしいお母様にいっぱいあやしてもらって、お父様に抱っこされるときは素敵な笑顔。(*^^*)

お宮参りの赤ちゃんとお父様

目がキラキラして、とってもかわいいんです。^^

お母様にも入って頂いて・・・

赤ちゃんとご両親

声がけすると、しっかりした視線でこちらを向いてくれるんです。
なんてかわいい!

笑顔が戻ってきて元気なところで記念撮影。
お宮参りでの撮影は、もちろんいつも記念撮影も行うのですが、HPではカメラ目線の写真はあまり掲載していません。
お兄ちゃんお姉ちゃんもご一緒なのでこの機会に・・・

芦屋神社でお宮参り撮影

お兄ちゃんとお姉ちゃんは、あかちゃんがかわいくって仕方がありません。
お母様が「抱っこする?」とのことで、お姉ちゃんこの笑顔。(*^^*)

家族写真

ちょっと場所を移動してお母様と赤ちゃんの2ショットを・・・といったところでお姉ちゃん参加。
女子会の写真になりました。^^
お姉ちゃん、大好きな妹さんをしっかり抱っこ。力持ちです。

次はお兄ちゃんの番です。
お兄ちゃんも抱っこしたかったよね。^^

ご兄妹揃ったところで記念撮影。
グッドタイミングなカメラ目線ありがとう。
みんなのやさしい笑顔がかわいくて、カメラのおじさんとろけそうです。(*^^*)
兄妹っていいですよね!!!

赤ちゃんとお宮参り

もう一度仕切り直して、お母様と2ショット・・・
笑顔が本当に可愛いです。
見つめるお母様のやさしい表情も素敵です。

お宮参りの赤ちゃんとお母さん

この後も撮影は続きますが、ブログではこの辺りで・・・
素敵な時間にお招き頂いてありがとうございました。
喧嘩はするかもしれないけれど、これからも兄妹仲良く、元気に大きくなってね。(^^)/


お宮参りの出張撮影のご依頼はこちらからどうぞ。
子供好きの気さくなカメラマンがお伺いします。^^


神戸近郊でのモデルさんを募集しています。

モデルさん募集要項を改定しました。今までに応募頂いた方も期間が空いていれば再応募歓迎します。

神戸近郊で撮影できるモデルさんを募集しています

少し長かった寒い季節が過ぎ、暖かな時期がやってきました。
これからいい季節になりますので、あらためてモデルさんを募集します。
お住まいはどちらでもかまいません。
神戸近郊で撮影させて頂けるモデルさんを募集しています。

このHPでは一般の方からの出張撮影のご依頼を承っておりますが、弊社は企業からご依頼の撮り下ろしや、ポスター等への写真提供なども業務としています。
ですので、写真の使用用途は、弊社利用のものと商用利用があり、用途に応じて2種類の区分でモデルさんがあります。

募集対象

弊社HP等への掲載用・・・年齢性別を問わず広く募集しています。成人の方からのご応募も歓迎します。

商業用としてのモデル・・・0〜18歳までの男の子、女の子とそのご家族を募集します。特に花や昆虫などの自然・科学が大好きな小学生歓迎します。

どちらも撮影させて頂いたお礼として、こちらでセレクトした写真をいくつかデータにて進呈します。(現地への交通費のみご負担ください)
日程場所等はご相談の上で決定となります。
なお、未成年者の方は必ず保護者の方の同意と、撮影時の保護者の同行を必須とさせて頂きます。

撮影について

弊社の撮影は形を決めて撮るのではなく、自然な流れの中でよい瞬間を切り取っていくスタイルが中心です。
ですので、子供写真、家族写真、成人の方の撮影、すべてゆったりしています。

撮影は屋外中心ですので、場所見知りするお子様でも大丈夫。^^
ポージングなどの経験も不要ですので、モデル未経験者の方、大歓迎します。

応募方法

詳しくはモデル募集のページをご覧頂き、こちらからご応募ください。

なおご連絡は、採用者の方のみに、撮影を希望する時期に連絡させて頂きます。ですので、数ヶ月後の連絡も可能性があります。

たくさんの方からのご応募お待ちしております。^^

モデル募集のページはこちらです。

モデルさん掲載例


赤ちゃんの写真を撮るにはミラーレス?一眼レフ?

 家族写真の出張撮影にお伺いさせて頂くと、撮影時にカメラについての質問を受けるときがしばしばあります。
 家族写真のカメラマンとして、子供を持つ親として両方の視点から、少しずつになりますが、今までに頂いた質問をまとめていこうと思います。

 まずは「ミラーレス」か従来の「一眼レフ」のどちらがいいのかから。
 サイズ・重量などはこれらの分類よりも機種によるものが大きいので、ここではふれません。
 



ミラーレスのメリット・デメリット

まずはミラーレスカメラのメリットから。

  • 明るさなど、写真としての最終結果が撮影前に確認できる

これにつきます。

従来の一眼レフは実際の被写体をそのまま見ていますが、ミラーレスはセンサーを通した画像を見ます。
ということは、明るさなどを調整した時、調整結果を撮影前に確認できるということ。

「写真」の構成要素として「明るさ」はとても大きいです。
だけど、従来の一眼レフでの明るさ調整は「経験に基づく」か「撮影後確認して再調整」するしかありません。

逆光の撮影で「背景は明るいけど人物は真っ暗」といったありがちなミスが、ミラーレスなら撮影前にわかります。
わかっていれば明るく補正したり、フラッシュを使ったりと事前に判断できますよね。

つぎにデメリット。

  • 動作が遅いものが多い
  • バッテリーの持ちが良くないものがおおい

Nikon、Canonなどの一眼レフをさわっていると、ミラーレスカメラは、起動、補正、設定など、いろいろな操作がもっさりしていると感じます。
だけどここ数年でかなり改善しているので、気にならなくなるのももうすぐかな。^^

一眼レフのメリット・デメリット

まずはメリットから

  • 信頼性
  • 速射性
  • 官能性

仕事として使うと、信頼できるということは最優先です。
特に、子供と一緒に自然の中での撮影をメインにすると、あまり華奢なカメラは使えません。(極端な自然の中での撮影よりはマシですが、スタジオやウェディング撮影と比較すると、公園や海辺といった状況はコンディションよくないです・・・)

撮りたい瞬間、すぐに撮影できることも赤ちゃんや子供の写真では重要です。
いい表情ってすぐに終わってしまいますよね。^^;
だから、絞りやシャッター速度、ISOの設定、露出補正などタイムラグなしに変更できることはありがたいです。

またファインダーを通して生の被写体を見るというのは、当たり前ですが自然な感覚です。ミラーレスのファインダーを使った後に使うと「やっぱり一眼レフだな」と感じます。
曖昧な表現になりますが、撮影していて気持ちいいのです。ストレスがありません。

つぎにデメリットです。

  • 経験値に頼るものが多い

カメラ初心者の方にとっての一番のデメリットはこれじゃないかと思います。
撮影して結果を見るまでなにもわからない。
結果を見ても、さてどうすればよいのかわからない・・・
こういった点からあとからPhotoshopなどでさわるのが苦にならない人向けかなと思います。

プロカメラマンはファインダーを覗いている時に、すでに仕上がりの絵が頭の中でできています。そのために必要な補正は経験値で導き出します。試写して足りなければ、次どうすれば良いかがすぐに判断できます。
これらはどんな方でも慣れると大丈夫だと思います。だけど、それまでにたくさんの時間が必要です。

ミラーレス・一眼のオートフォーカス

上記以外によく言われるのがオートフォーカス(以下AF)の差です。
数年前ぐらいですと圧倒的に一眼レフ優秀でしたが、技術の進歩でミラーレスもとても早くなっています。

現在は、遅い一眼レフより早いミラーレスの方が圧倒的に早いです。^^
ここまでくると「ミラーレスと一眼レフのAF」というより「各機種とレンズのAF」で考えるべきだと思います。
気をつけて欲しいのは「レンズ」とセットで見るということ。
同じ本体でもレンズによってAF速度は全然違います。こちらについてはまた機会を作って述べます。

赤ちゃん・子供写真にはミラーレス?一眼レフ?

ミラーレス・・・ほとんどの方にはこちらをお勧めします。

ただしファインダーがついているものです。赤ちゃんの時には背面モニターを見ながらゆっくり撮れますが、子供達の成長は早いです。
2歳になる頃にはもう背面モニターでの撮影は難しくなります。動き回る被写体にはファインダーがあるほうが断然楽です。^^

ミラーレスなので撮影は微妙なタイムラグがありますが、補正などを済ませておけば、小学校の運動会でも大丈夫です。
(設定を変えるとモニタへの反映に時間がかかります。コンマ数秒くらいですがそこが大切なので・・・AFは機種・レンズを選べば十分です。)
レンズも含めるとトータルでコンパクトになるのも魅力です。

一眼レフ・・・瞬間にとことんこだわりたいひとに

画質はもうミラーレスと差がありません。
一眼レフを選ぶ最大のメリットは「瞬間を切り取る能力」です。
補正などは経験を積むことでおおよそわかるようになります。

写真にとって、特に子供写真においては「瞬間」というのは大切な要素です。瞬間、シャッターチャンスを大切にする方には、従来の一眼レフはまだまだ魅力的です。
動き回る子供達も素敵な表情、のこしたいですから・・・^^

親子の写真
走ってきてお母さんに飛びついた瞬間。
抱き合う親子
ふれあいの時間の中で。

まとめ

ここまでお読みいただいている方は、スマホの写真では満足できない方と思います。
スマホもかなりよくなっていますが、プリントしたり、子供達の自然な姿を撮影しようとするとまだまだです。

一眼レフ、ミラーレス、どちらを選んでも通常は十分だと思います。
一度使い始めたら、あまり他の機種は目に入れずに使い込んでください。メーカー、機種により良いところも悪いところもありますので。

選択の際に覚えておいて頂きたいのは、持ち出す気になるサイズ・重量のカメラです。

「え?そこ?」と笑われそうですが、親としての我が身で考えると一番大切かもと思います。
仕事での撮影だと5kgの機材が大丈夫でも、家族の時間だと1kgがつらい。(笑)

購入時は気合が入ってますから「全然大丈夫」と思っていても、やっぱり面倒になって「ああ、今カメラ持っていれば・・・」というシーンきっと出てきます。
持ってないカメラでは写真が撮れませんから。^^;

カメラの購入時にはよーくお選びになって、小さな子供たちの時間をのこしてあげてください。
しっかり意識して写真を撮り始めると、今まで見えていなかった子供たちの表情がもっと見えてくると思います。

そうそう。最初のお子様だけでなく、お二人目もいっぱいのこしてあげてくださいね。(うちは二人目が少なくて・・・ごめんなさい。経験談です。)

最後に・・・
お子様だけの写真はパパママでがんばって撮影してください。
神戸近郊にお住いの方で、ご家族みんなの写真は、よろしければご依頼を頂けますと幸いです・・・
いつものように最後ちょっと宣伝でした。^^;

親子・家族の写真ってとてもいいです。
お子様が成長なさった時、自分が小さな時の写真を見ると、お父さんやお母さんの幸せな表情がとてもうれしいと思います。
私は「子供達が主役の家族写真」を残したい。

今しかない時間、大切にしてくださいね。(*^^*)





西宮市のヘアサロンで家族写真【出張撮影日記vol.54】

 「赤ちゃん筆」ってご存知でしょうか?
 赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときの髪、一生で一度だけのものを記念に筆に・・・というものです。

 髪を切るのでヘアサロンさんで受け付けているところも多いそうです。
 この日は西宮市のヘアサロン メローさんにての撮影です。
 撮影、掲載の許可はお客様経由にて頂いております。

 赤ちゃん筆ですので、お子様にとっては初めての散髪です。
 お店に入ってすぐは、ちょっぴり泣いてしまいました。
 だけど優しいスタッフさんのおかげで、徐々にリラックス・・・

散髪する赤ちゃん

 少し笑顔が出てきたところで、カメラ目線が欲しかったので、呼びかけるとこちらを向いてくれました。
 大きなお目目が可愛い。(*^^*)

 赤ちゃん撮影

 じつはこの日の1年くらい前にお宮参りで撮影させて頂いているのです。
 だけどちっちゃかったものね、覚えてないよね・・・

 散髪が無事に終わって、お父さんに抱っこ。
 かっこよくなったねー!^^

赤ちゃんを抱っこするパパママ

 だけどまだお洋服に髪が・・・
 お母さんに抱っこしてもらって綺麗にしましょう。
 体をコロコロ・・・不思議そうに・・・それはそうですよね。^^;

見上げる赤ちゃん

 筆になる大切な髪はこちら。
 スタッフさん、丁寧に丁寧に扱われます。

赤ちゃんの髪

 撮影の日、お店に入って驚きました。
 それぞれの椅子が個室のようなお店です。もう完全にプライベートの自分専用サロンの雰囲気。
 何て贅沢!!
 それにおしゃれで 「フォトスタジオみたい」なのです。^^

おもちゃを持つ赤ちゃん

外を見る赤ちゃん

 無事散髪も終わって、お外へ。
 出張撮影もそろそろ終了です。
 「バイバイ!」って手を振ると、振り返してくれました。(*^^*)

 家族写真

 とっても元気に大きくなって、会えてとてもうれしかったよ!^^
 つぎ会ったときは覚えてくれてるかな・・・

 とてもありがたいことに1年に一度などのペースで、撮影させて頂くお客様が多くおられます。
 その度に、お子様の成長を痛感します。
 最初の撮影は赤ちゃんだったのに、一緒に走ると追いつけない年齢になっていたり・・・

 これからもご家族のいつもの時間に寄り添うカメラマンでいたいと思います。
 なんていい仕事だ!!p(^^)q

 家族写真の出張撮影のご用命はこちらからどうぞ。
 家族の瞬間って、いつだって素敵なんですよ。*^^*
 いつものようにちょっと宣伝です。^^;


みんなでお宮参り【出張撮影日記vol.53】

冬のある日に中山寺さんへお宮参りの出張撮影に行きました。
山門でお会いしてご挨拶の後すぐ、お目覚めのところをパチリ。

中山寺さんでお宮参り

赤ちゃんはとてもやさしいお姉ちゃんがいっしょ。
手水でお清めです。^^

手水

赤ちゃんはみなさまで抱っこ。^^
いっぱいの人に抱っこしてもらうと健康に育つって聞いたことがあります。どこで聞いたのかな。
赤ちゃんのいる空間は、しあわせいっぱいの時間に包まれますよね。(*^^*)
私はそんな時間の自然でやさしい笑顔が好きです。

赤ちゃんを抱っこ

ご祈祷の後、境内を散策しながらの光景・・・
お姉ちゃんが抱っこしてくれました。
小さなお姉ちゃんにとっては赤ちゃんでも重いと思うのですが、がんばります!
幸せな笑顔が、とても微笑ましいです。^^

家族でお宮参り

だけど、いつもと違う抱っこにとまどったのでしょう。
ちょっと赤ちゃんご機嫌斜めに・・・

二人のお子様を見るお父様お母様の笑顔が素敵。(*^^*)
家族の時間っていいですよね!!

家族写真

お別れの間際に参道で記念撮影。

中山寺のお宮参り

赤ちゃんもお姉ちゃんもとても愛らしかったです。
これからもすくすくと大きくなってね。(*^^*)
素敵な時間をありがとうございました!!


お宮参りの出張撮影のご依頼はこちらからどうぞ。
子供好きの気さくなカメラマンがお伺いします。^^


私の思うナチュラルフォト その2【出張撮影日記vol.52】

 前回のその1からの続きです。

 今はカメラがデジタルになってフィルムがなくなり、データになりました。
 フィルムの時代はカメラマンの役割は撮影までだったのですが、今はそのあとの補正という作業があります。
 その補正、それに加工という作業が入ると写真は全く異なるものになります。

 もう一度、前回紹介させて頂いたお写真です。

家族写真の出張撮影

 弊社では写真は明るさや色合いなどを調整する補正までで、修正や加工はしていません。「できるだけそのときの光景に忠実に、そしてほんの少しだけ明るさや色合いの調整で、そのときの気持ちがより伝わるように」を基本としています。

 だけど、いろんな写真を見ているとやっぱり迷うんです。(^^;
 たとえば加工まで踏み込むと・・・

1.モノクロ
0001-3

 白黒の写真は、ただそれだけでも味がでますよね。
 かっちりした重い光景の方がより合うと思いますが、明るい光景でも独特の雰囲気です。

2.風合いをつけた写真

 インスタグラムの影響かもしれませんが、今こういった風合いの写真多いです。
 一枚だけ見るとインパクトがあります。小さめのプリントで写真たてに入れるときとかいいかもしれませんね。^^

 2つだけあげてみましたが、加工には様々な方法があります。
 それでいい感じになるのなら、そういった手法もありではないかと・・・迷うのです。

 だけど、私は「個性と感情を感じる」写真を撮りたいと願っています。
 よりそれらを感じる写真は、やっぱりその光景に忠実なものではないかと思います。

 10年、20年後に、もう一度その写真を見たとき、その写真の瞬間をできるだけ忠実に残したものが、一番思い出を思い出せるのではないかと。
 お子様が大きくなった頃、もう一度お父様お母様が、そしてその大きくなったお子様が、もう一度見るならその瞬間そのままの写真がいいと。

 写真には「記憶」と「記録」を残す両面があります。どちらかに偏り過ぎるのは、一度だけ見るのならいいのですが、ずっと残しておく家族写真には両面がバランスよくあるほうがいい。写真を加工するのはカメラマン側の演出。そこが大きくなりすぎるのは・・・私の写真としては違う、です。

 ・・・このエントリー、自分の迷いを消すために書いているような気がします。
 お読みくださりありがとうございます。

 誤解のないように・・・写真の加工を否定するものではありません。むしろかなり好きです。だから迷います。(^^;

 これからも、出張撮影でしか撮れない「いつもの、だけど特別な瞬間」を写真として残せるようにがんばります!! 
 どうぞよろしくお願いいたします。


私の思うナチュラルフォト その1【出張撮影日記vol.51】

 「子供だけの写真ではなくて、家族の写真を撮って頂けるのですか?」
 SmileMissionPhotoWorksを始めてから、何度このご質問を頂いたことでしょう。

 私はその度にお答えしています。
 「お子様が主役の、ご家族みなさまの写真を撮らせて頂きます」
 またはこう書くときもあります。
 「ご家族皆様の写真を撮影させて頂きます。その写真の主役はお子様です」

 弊社で撮影経験のおありの方はよくご存知かと思いますが、かなりたくさん写真を撮ります。ご家族の撮影をさせて頂いていると、いろんな瞬間があって、次々と撮りたいシーンがでてくるのです。(*^^*)
 
 その次々と撮りたいシーンがでてくるためには、ご家族にリラックスして頂かないと難しいです。だから、弊社のナチュラルフォトの撮影時間は10分、15分といった短いものはありません。
 
 ナチュラルフォトってなんでしょう?
 
 今風の他の写真館さんや出張カメラマンさんのHPを見ると、悩んでしまいます。
 背景がスタジオっぽくなかったり、目線がなければそれでナチュラルフォトなのかな?
 確かに、そういった写真、写真として全体をみるときれいなのです。
 かわいい、きれい、と素直に思います。
 一般的にはおそらくそれが好まれるナチュラルフォトなのだと思います。

 だけど、私は本当の意味での「ナチュラル」が好きです。
 たとえ同じ場所で撮ったとしても、違う人なら全く違う写真になってしまう、「ご家族の個性と感情を感じる写真」を撮りたいのです。
 個性と心の動きを感じる写真が、「心に響く」写真になるのだと思うのです。
 
 ご家族一緒の時間は、いつもの時間の中にも素敵な瞬間は存在します。
 ブログなどでも書いていますが、何度でも書かせて頂きます。^^;

家族写真の出張撮影

 私はその瞬間を大切にしたい。
 だから撮影も、リラックスして頂いてからの記念撮影以外は、ほとんど演出もありません。演出を入れてしまうと、写真の中のご家族の個性や感情が薄れてしまうから・・・

 この撮影方法、頭も体もハードに使うので、あと何年撮影できるかわかりません・・・
私のような凡人には年齢による衰えがきついです。イチロー選手のようになりたい。(笑)
 だけど喜んでいただけるご家族がおられる限り、がんばって撮影します!p(^^)q

 ナチュラルフォトのお話、もう少し続きます。