ホームページ用、店舗撮影・広告写真撮影


店舗・広告撮影

見たい人と見せたい人のための写真撮影です

 兵庫県内の店舗、医院、サロン、企業様のために格安にて出張撮影を行っています。ホームページ、チラシ、パンフレットなどにご利用ください。地域貢献の意味を込めての価格ですので、兵庫県外は対応していません、お許しください。

料金&プラン

基本料金と時間

基本料金と時間

基本料金 10,000円(税別)

撮影時間 30min

時間延長 30min毎に5,000円(税別)

  • 写真はデータでお渡しします。ホームページやSNS、印刷媒体など自由に使ってください。
  • 時間内はカット数フリーです。外観、アイテム、スタッフ等、組み合わせも自由です。
対象例撮影事例カット数目安目安 
必要時間
目安 
延長時間
物販、飲食店、 
医院、サロン
店舗外観、内観、インサート20〜5030min0
物販店舗外観、内観、商品数点、 スタッフ、インサート50〜10060min30min
飲食店店舗外観、内観、料理数点、 スタッフ、インサート50〜10090min60min
物販商品5点 各数カットずつ15〜3030min0
医院、サロン店舗外観、内観、スタッフ、 小物等のインサート50〜10060min30min
店舗紹介等のホームページ制作で必要な写真を撮影するという前提での事例です。

基本料金に含まれるもの

  • 写真撮影30min
  • 撮影前の打ち合わせ 5〜10min程度
  • 撮影準備(必要な場合) 0〜20min
  • 全カットデータ(ミスカット、重複カットを除く)
  • 写真データの基本補正
  • データを収録したCD等および送料

出張料金

出張料金地域
0兵庫県の下記地域
明石市、加古郡、加古川市、加古郡、高砂市、三木市、小野市、加東市、西脇市、多可郡、加西市
3000兵庫県の下記地域
神戸市、芦屋市、西宮市、三田市、篠山市、丹波篠山市、姫路市、神崎郡
5000上記以外の兵庫県

その他の出張料金

  • お伺いした際の駐車場代実費(車で移動します。必要な場合のみ頂きます)

お客様のためのHP、HPのための写真とは?

HPでの写真の目的は主に2つです。

・目を惹き、興味を持ってもらうための写真
・情報を伝えるための写真。

弊社の撮影は、写真を使う側のwebディレクターの経験も活かして撮影します。

・どのような写真が必要とされるのか、お客さまはどのような写真を見たいのか。
・店舗・企業・商品をアピールするために、なにを見せなければならないのか。

 私が初めてホームページを作成したのが1998年。それ以来ホームページを作成、運用しています。フリーランスになる直前の会社員時代は、webディレクター兼カメラマンとして年商2億(赤字)のオンランショップを3年で3億(3千万営業利益)にした経験があります。それらはほぼ、写真の撮り方と見せ方、ページの構成を再構築することで達成しました。

 ついつい、見せたいもの中心に考えてしまうwebデザインですが、ホームページは「見る人の身になって作る」ことが基本です。
 『お客様が知りたい・見たいものを見て頂きながら、こちらの見て頂きたいものをしっかり見せる』このようなデザインが、お客様にも運営側にも役にたつHPだと考えます。

店舗・広告写真作例

病院・医院の作例

 歯科医院の作例です。やさしさ、居心地の良さ、清潔感をアピールしています。

 webなど情報量の多いメディアには、主役の写真意外にもインサートカットも必要です。あわせて撮影します。

 店舗撮影は、お客様の見たままを撮るため、フラッシュを使わず定常光で撮影します。

飲食店の作例

 アイテムの撮影はお客様の店舗内にセットを組んで撮影します。照明機材等は用意しますが、テーブル、小物、背景等は現地のものを使います。お客様にお店のリアルを伝えるため&リーズナブルな料金設定にするためですのでご理解ください。

 写真はラーメン店の作例です。外で働く男性をお客様としてイメージ。「おいしさ」と「ボリューム」を写真でアピールしています。

サロンの作例

個人のサロンではオーナーの人柄を伝えることも大切です。ディテールのインサートカットを多めに撮影、オーナーのセンスをさりげなく伝えます。

神社での小物の撮影

神社の小物の作例です。伝統と格式、清楚感を重視しながら、親しみやすさとカジュアル感を出す撮影です。お店の商品撮影も同様です。

店舗・商品撮影について

 商業用との写真の持つ意味は、掲載するメディアや用途によって異なります。例えば、

  • ポスターの写真なら「目を惹き、キャッチコピーを読むきっかけを作ること」
  • webや冊子用途の店舗写真なら「ショップのイメージを伝え、来店する動機づけをすること」
  • 通販用の商品写真なら「パッと目を引くだけでなく、ユーザーが知りたいディテールをすべて写真で表すこと」」

です。


 弊社では過去の「webデザイン」「サイト運営」「UI・UX設計」の経験を活かして、お客様が見たいものと、サービスを提供する側が見せたいもの、両方のバランスをとりながら最大の効果を狙う写真を、リーズナブルな料金で撮影します。

まずはお問合せからどうぞ。

公式LINEの紹介

公式LINEで撮影会などのイベント&お得な情報を、
「たまーに(笑)」お届け中
公式LINEだから登録も解除も簡単です。お気軽に(^^)
↓ ↓ ↓

PAGE TOP