コロナ禍でのお宮参りについて

芦屋神社

 covid-19によるコロナ禍での現在ですが、お宮参りに行きたいと思われる方もおられると思います。

 弊社は、兵庫県内の様々な神社へ撮影に行っております。
 今までの経験から、「密を避ける」という意味で、この状況下でお宮参りに行かれる際に参考になりそうな情報をお届けします。

 お宮参りの間で、最も密になる可能性があるのが、ご祈祷の時間です。
 境内での時間は、意識して他の方との距離を取ることができますが、ご祈祷中はそういうわけにはいきません。
 「屋内で」「複数の家族を同時に」のご祈祷は、過去の経験から「密である」と感じてしまいます。

 ですが、神社によっては、ご祈祷が屋外であったり、1組ずつご祈祷を行ったりしています。
 こうした神社を、撮影で行ったことのある範囲でお伝えします。

 複数組を一緒にご祈祷する神社は多くあり、1組ずつのところは案外少ないのです。

1組ずつご祈祷の神社

詳細は社務所へご確認ください
リンクは当HP内の紹介ページに飛びます

 他にも多くあると思いますが、撮影経験のないところは書いていません。

 1組ずつ御祈祷の神社は予約ができる場合が多いです。滞在時間を短くできることもメリットでしょう。

その他

 その他に少しでもできることは・・・

  • 公共交通機関を避けてマイカーで行く
  • 午前中を避ける(午後はご祈祷を受けられる方が少なくなります)

 などを思いつきます。

 世の中が落ち着くまではお宮参りに行かないのも手段だと思います。

 ご参考になれば幸いです。