七五三参りのことで

 七五三の時期のお子様は、赤ちゃんの頃に比べるととても大きくなっています。
 元気に走ったり、いっぱいお話ししたり、とてもたくさんのことができるようになります。
 だけど生まれてからまだホンの数年しかたっていない小さな子どもなのです。
 あたたかい気持ちでご一緒にお参りください。
 まずこのことが大前提です。

七五三のお子様のお衣装のこと

 男の子の衣装で気がつくことがあります。
 男の子が和装の場合、かなりの確率で着崩れします。体感で7〜8割くらいでしょうか。
 着崩れしない子はほぼ間違いなく、美容室や貸衣装店で専門の着付師さんに着せて頂いています。
 さらに着付師さんでも上手下手があります。
 上手な方にきちんとした着物を着せて頂いた時は、全然着崩れしません。驚くほど違います。
 着付けは専門的な高度な技術が必要なことを痛感します。

 女の子ではあまり気にならないのは、男の子のお母様はよくご存知な理由です。
 男子はみんな元気で活発だからです。^^

 最近増えてきたのが洋装フォーマルの男の子です。
 男の子がきるとかわいくてかっこいいです。
 女の子も数回のみですが洋装で撮影させて頂きました。
 ドレスではなくフォーマルでした。活発に動いても絵になるので、洋装もいいなあと思います。

 儀式としてもフォーマルであれば問題はありません。(宮司さんにおうかがいしました)
 男子も女子も、洋装は草履を履かなくていいのがいいです。下に続きます・・・

七五三のお子様の履物のこと

 和装の方は、草履を練習しておいてください。当日いきなりとは全然違います。

 3歳参り、5歳参りで草履をお帰りまで履き続けられるお子様は2〜3割くらいです。
 全然練習してないお子様だと、全く履けないこともあります。

 練習でよくできていても、お参りは結構な距離を歩きます。
 当日、衣装にお色が合う靴の持参をお勧めします。

 靴に履き替えた途端にお子様が笑顔になるのは、七五三あるあるなのです。^^;

七五三のお衣装 大人の方編

 洋装フォーマルがよいと思います。この先入園入学などで必ず必要になります。

 和装をお勧めしないのは、着崩れの問題です。
 着崩れた時に直せません。(過去に数回あります)
 御自身で着物を着れない方は洋装をお勧めします。
 ご両親が洋装だとお子様の和装が引き立ちますし!! ^^

お参りする神社のこと

 神社はお近くがいいと思います。本来の趣旨から言っても地域の神社さんにお参りがよいです。
 有名で大きな神社は込み合います。お子様は人混みが苦手です。特に慣れない衣装なのです。

 さらにいうと大きな神社はどうしてもビジネスライクです。
 場所によっては、御祈祷も、お宮参りと七五三と厄除けが一緒になったりします。
 そうしないと人が多すぎて回らないので仕方がありません。

 また大きな神社は概ね御祈祷の予約ができません。
 御祈祷の受付が数組溜まったら一斉に御祈祷という形が多く、長い待ち時間のときもあります。

 宮司様ご家族だけがおられるような地域に根付いた神社は、とてもアットホームであたたかです。
 多くのところで御祈祷の予約もできます。

 ゆったりとした時間を過ごしたいならこんなところをお勧めします。

 必要に応じてまた書き足します。

 神戸・大阪・兵庫でのお宮参り・七五三参りの出張撮影承ります。
 お気軽にご相談ください。^^

タイトルとURLをコピーしました