撮影の距離【出張撮影日記vol.41】

「めっちゃ動いて撮るんですね!」

初めてのお客様がちょくちょくおっしゃられる言葉です。
実はもうひとつ違うところがあります。

「距離がめっちゃ近い」んです。(^^;
お子様でも手が届くくらい。こんな感じで!

0001
なんてかわいい!(*^^*)

たまに公園で同業者さんに遭遇するのですが、ほとんどの場合、中〜望遠レンズで、結構距離をおいて撮影されています。
「ポートレートは中望遠レンズ」は私が10代のころからの定石で、ずっと以前からそうなのでしょう。

私はほとんどの場合、近い距離から撮り始めます。
それは、このカメラを持ったおっちゃんは「怪しくないよ」とお子様に早く理解して頂くためです。(笑&本気)
(もちろん、とっても恥ずかしがり屋さんで泣きそうだったりしたら、距離を取って始めます。)

お子様の様子を見ながら、近くで撮って、ちょっと距離を置いて、また近づいて・・・
徐々に馴染んでもらいます。(^^)
(この段階で10〜20分くらいはかかります。うちのナチュラル系の家族写真のプランで他社さんのように短いものがないのはこのためです。)

仲良くなって、お子様達に「このおっちゃん怪しくない」と思って頂ければ、こちらもほっと一息です。(^^;

こうなってから、私が距離を置くと、お子様にとって私の存在は無になります。
その時間は、ご家族だけの時間。この回のブログのように・・・
この時間のなんといいこと!!!(*^^*)

近くで撮影できるようになると、望遠では撮ることが難しい、上からや見上げるような構図で撮ることができます。
上からだと・・・

0004

子供達が遠く見上げている視線って、「未来」みたいな言葉が浮かんできます。私だけ・・・?(^^;

ちなみにこの瞬間、私はめっちゃ近くにいるんですけどいないのと同じ。理想です。(^^)

それから次は見上げるように・・・こちらは以前トップページで紹介させて頂きました。

0001

お二人の笑顔がたまらないくらい素敵です。(*^-^*)
ああ、なんていい仕事だ!!(笑)

写真屋さんですから、カメラやレンズを選択・設定し、写真として残す技術は大切です。
だけど、リラックスした時間を作ることもカメラマンとして大切なことだと思います。

100点満点は永遠に出ないかも知れませんががんばります!
素敵なご家族のみなさまにお会いできますように!!(*^^*)


スポンサーリンク