いちばん大切だと思うこと【子供写真の撮り方 vol.1】

CMで「モノより思い出」というキャッチコピーがありました。
子供の小さいときはあっと言う間に過ぎて行きますので、家族にとってはまさにそのとおりです。
このコーナーではひとりの父親として、簡単にできる子供の写真の撮り方をお伝えできればと思います。
少しでもお役に立てれば幸いです・・・

家族にとっての写真

写真があると、記憶を鮮やかにすることができます。
普段からちょこちょこと写真を撮っていると、記憶が薄れていても「こんなことあったよね」と思い出すことができます。
家族の写真は、思い出をたどるための道しるべのようなものでしょう。
だから、ご家族の、お子様の写真大切に残してください。(^^)

写真より思い出【いちばんたいせつなもの】

写真はより深い思い出があるから見たくなります。
儀式的に撮られた集合写真などで、見返すこともないものありませんか?

だから今しかない瞬間を楽しんでください。
思い出がいちばん大切。写真はそれから。
思い出がついてこない写真は「記憶」じゃなくてただの「記録」になってしまいます。

「いい写真」って?

いい写真ってなんでしょう?
「記録としての写真」なら「鮮明に写っている」ことかもしれません。
でも家族にとっての写真は違うと思います。

家族や子供の写真で「いいな」と思うのは「心を動かされる」写真ではないでしょうか。
ちょっとぐらいピントが合ってなくても、構図がイマイチでも、大切な時間を思い出せる写真はいい写真だと思います。

たとえば・・・(だけどホントの話です)
私のお尻のどアップの写真があります。ただのおっさんの尻の写真です。それもピンぼけの。(笑)
これは、下の娘が「あたしカメラマンねん!」と言って激写してくれたもの。
娘はちいさいので目線がわたしのお尻の高さ。(^^;
でもこの写真一枚で、私の家族は「カメラマンごっこ」をしたその時間を思い出すことができます。
「ピンぼけのおっさんの尻の写真」一枚で、楽しい気持ちになるのです。(笑)
クオリティという点では何の価値もありませんが、私にとっては大切な一枚です。

ひとによって価値観はいろいろ。
きれいに撮れている写真はもちろんいいですが、そうでなくてもいい写真はあると思います。
それが自分の子供ならなおさらに・・・

気軽に楽しみましょう!(^^)

お子様といっぱい遊んで、そのついでに画質も構図も気にせずに、気軽に写真を撮りましょう。
遊ぶことが楽しすぎて写真を撮ることを忘れても、思い出が残るからそれでいい。
撮られるのも見るのも家族。自分たちのための写真です。
と書くと、ちょっと簡単に感じませんか?(^^;

職業カメラマンはクオリティも大切ですが、ご家庭なら気にしない気にしない。(*^-^*)
ご家族の写真撮影でいちばん大切なこと「家族の楽しい時間」をいちばん持ってるパパとママは、絶対に子供にとって最強のカメラマンです。

次回よりカメラマンというより「おとーちゃん」として「こんな撮り方はどうでしょう?」を書きます。
できるだけ簡単に、コンパクトカメラメインです。
きちんとした写真の話もしますが、それは「きれいな写真」というより「思い出をより鮮明に思い出せる写真」のために。
価値観を共有できる方には、少しだけお役に立てるかも知れません。(笑)

よろしくお願いいたします。

海を見つめる子供
こんなに自然な目で海を見ることができるのは子供のときだけかもしれません・・・
スポンサーリンク








スポンサーリンク