まくらのせんにん(さんぽみちの巻)-かがくいひろしさん【本の話】

先日、お客様と絵本の話になりました。
私が知っている本と、お客様の知っておられる本、どちらもお互いよく知らないのです。
そうですよね。絵本っていっぱいあります。
なので「次何を読もうかな」という時に少しお役に立てればと思い、こちらのコーナーを作りました。
絵本に限らず普通の本も紹介したいと思います。

初回の今回は、「まくらのせんにん(さんぽみちの巻)」著者かがくいひろしさん。
妻から「読んでみて」と勧められて読み始めたかがくいひろしさんですが、おもしろいです。(^^)
絵は好き嫌いもあるかと思いますが、ふにゃ〜とした感じがかわいいです。

まくらのせんにんは、まくらの「仙人」と、おともの掛け布団の「かけさん」と敷き布団の「しきさん」のお話です。
あれ?今ふと思いましたが、NHKのおかあさんといっしょの歌で同じようなのありましたね。
♪かけぶとーん、しきぶとん。いつもふたりはなかよしー (^^;

この設定だけで、楽しそうな雰囲気を感じて頂けるかと思います。(笑)
シンプルなお話なのであらすじが書けません。ネタバレしてしまいそうです。(^^;
機会がございましたら、図書館などで読んでみてください。(^^)
うちの子供たちも大好きな絵本です。
読み聞かせにもいいかもしれませんね。

この絵本の紹介はこちらです。
絵本ナビのページにジャンプします。アフィリエイトじゃありません。(笑)

またいろいろと楽しい絵本をご紹介します。(^^)/

スポンサーリンク








スポンサーリンク