竜馬がゆく【本の話】

 いつもは読み聞かせなどにもいいような子供向けの本を紹介していますが、今日は大人向けの本の話。「竜馬がゆく」司馬遼太郎さんです。

 司馬遼太郎さんの本はどれもおもしろいのですが、私の中でこの本は別格です。
 数年前に大河ドラマなどにもなりましたが、やはり原作がいいです。

 坂本龍馬というと「大政奉還」をした人としてとらえられますが、この本を読むと、これは「ついでに」した感じです。
 竜馬ががしたかったことは海援隊での「貿易」。
 「これからは世界の時代だ。世界と貿易をするためには鎖国を辞めなければならない。だから薩長を組ませて開国しよう。でも戦は嫌だから幕府と将軍にわかってもらおう。」
 ちょっと乱暴にですがまとめるとこんな感じです。彼にとっての大政奉還は、目標ではなく通過点でした。

 もちろん大政奉還は竜馬一人でしたわけではなく、薩長、幕府、将軍らにも未来が見えていたのでしょう。
 けれども、彼らは組織に属し、強い肩書きを持つ一方、竜馬は「ただの浪人」。
 そのあたりも読んでいて楽しい理由かも知れません。

 本当の坂本龍馬がどうだったのかはわかりませんが、司馬さんの描く竜馬は痛快で爽やか。
 そして「なんかぼーっとしてる」。(^^;
 でも超がつくほど力強く突き進みます。
 「突き進む」と書いてしまいましたが、この本の中での竜馬はとてもマイペース。周りから見るととんでもないことを、袖で鼻水を拭きながら(笑)、たんたんとこなしていきます。

 今の子供たちからこのようなひとが出てくることを願います。
 もちろん私たち大人も心がけないと。

スポンサーリンク








スポンサーリンク